GoogleマイビジネスGoogleマップ

Googleマップにも「フォロー」機能が追加!【ますますGoogleマイビジネスが大事になってくる】

happy

こんにちは。

先日、Googleマップでも店舗の「フォロー」機能が新たに追加されるというニュースが出てきました。

Googleマップ、店舗を「フォロー」する新機能でFacebookページに対抗 ―TechCrunch Tokyo 2018-

 

フォローできる機能が追加されることによって、Facebookページのようにフォローしたお店のページの更新情報やイベント情報が見られる新たなタブが出てくるそうです。

Facebookと違って、お気に入りのお店や会社の情報だけに特化したタブになるので、Facebookページよりも目的が明確で使ってもらいやすいんじゃないかなと思います。

現状、Androidから数週間かけて世界的に随時機能公開されていくということなので、期待して待っていたいなと思います。

それ以外にも最近、日本では「ぐるなび」と連携するニュースが出てGoogleマップからアプリを切り替えることなく予約ができる発表があり、Googleマップはどんどん便利になっています。

検索・即・予約。ぐるなびがGoogle Map上での予約サービスを開始 -GIZMODO-

 

ただ実際にその機能が付いてるのはGoogleマップではなく、Googleマイビジネスに上記の機能がつくので、今後ますますGoogleマイビジネスの重要性が増してくると考えられます。

そんなGoogleマイビジネスを活用する上でのポイントを以下にまとめていきたいと思います。

1.マイビジネス上位化の条件

2.閲覧時間の伸ばし方

3.完成度を上げる

4.お店のイメージが伝わるようにする

 

1.マイビジネス上位化の条件

Googleマイビジネスの上位化の条件は大きく分けると3つです。

①距離②閲覧時間③完成度と言われています。

①距離はお店と検索したユーザーの実際の距離感によって検索順位が変動するものになるので、ここに関しては対策しようがないものになります。

②閲覧時間はGoogleマイビジネスをユーザーがどれだけ長く見たかでGoogleの評価が変わるものになっています。

Googleマイビジネスには基本情報はじめ写真、動画、投稿、クチコミとお店を紹介するコンテンツが豊富にあるので、それぞれを長い時間見ているということはそれだけユーザーにとって有益なページであるとGoogleは判断してくれるようです。

③完成度はGoogleマイビジネスにおける基本情報がきちんと登録されているかを見ています。

WEBサイトやSNSなどに記載されている情報と違いがないかなども見ているようなので、その辺りも統一する方がよいとされています。

 

2.閲覧時間の伸ばし方

閲覧時間の伸ばし方は色々ありますが、まず取り組むべきは写真の投稿です。

お店のPRができる写真が投稿されているか否かでユーザーがページを閲覧するかスルーするか分かれてくるので、まずは競合店よりも多く、ユーザーの目を引く写真を投稿できると良いと思います。

また投稿した写真の閲覧回数は管理画面より確認できるので、ユーザーの興味を持っているポイントもそこで掴むことができるようになってくると思います。

そのほかGoogleストリートビューの屋内版などもお店の中が紹介でき、閲覧時間においても伸ばせるツールになっています。

あとは投稿機能ですね。

最新情報からイベント、クーポン、商品紹介など色々なフォーマットで投稿できる機能が去年から備わっています。

ここを使うか使わないかでページの印象は大きく変わってくるので、ぜひ取り組んでほしいものとなります。

 

3.完成度を上げる

先ほどもサラっとお伝えしましたが、完成度はGoogleマイビジネスの基本情報をきちんと登録しているかを見ていて、WEBサイトやSNSに掲載されている情報と間違いがないかなども見ています。

細かいところでいうと、住所で例えば123番地の4というのがWEBサイトやSNSに記載されているのに、マイビジネスでは123-4とハイフンで表記した場合も違いがあると判定されることもあるようです。

完全一致が望ましいと思います。

またちょくちょく見かけるのがビジネス名に【京都 ケーキ 〇〇カフェ】のように「地域」「キーワード」を含んで入力されている方がいらっしゃいますが、これはポリシー違反としてペナルティを受ける対象になります。

検索順位が落ちたり、掲載不可になることもあるのでやらないようにしましょう。

あとは営業時間は間違いなく入れておかないと、ユーザーからクレームのクチコミを付けられるリスクが出てきます。

特に第三水曜日だけ休みなどの場合は「特別営業時間」という項目を使って、個別に休日設定をしておかないとビジネス上は営業していることになってしまうので気を付けましょう。

 

4.お店のイメージが伝わるようにする

そして検索順位を上げるのと同じくらい大事なのがGoogleマイビジネスからお店のイメージが伝わってくることです。

ユーザーがたくさん見てくれても、お店のイメージが伝わらなければ来店や予約などのアクションにはつながりません。

マイビジネスを構築する上でお店のイメージを伝える意識を持って取り組みましょう。

お店のイメージを持ってもらうためには、クチコミへの返信は必ず行うようにしましょう。

クチコミの返信の様子からお店の対応、雰囲気がつかめてユーザーに安心感を与えることができます。

参考ビジネス

・ひだまりカフェ

・京都情緒薫る婚約指輪と、和風情緒燈る結婚指輪専門店:萬時

 

このクチコミ返信ができているか否かでユーザーのその後のアクション数は大きく変わってくるので、ぜひ取り組んでいただきたいです。

また日々の様子などを投稿機能を使って紹介するのは大事です。

写真や動画付きで投稿できるので露出度が上がることは間違いありません。

上記、ひだまりカフェさんが良い事例になるかと思います。

 

まとめ

Googleマップの機能拡充は今後もどんどん増えていきます。

おそらく求人情報などとも紐づくようなことも起こってくると予想できますし、お店だけでなく会社でのマイビジネス運用が重要になってくると思われます。

マイビジネスは現状取り組まれてるところがまだまだ少ない状況。

真剣に取り組めば、月10000件以上のアクセスと平均100件以上のユーザーアクションが期待(業種、地域により増減あり)できるツールです。

ぜひ、この機会に取り組んでもらえればと思います。

ただそうはいっても、マイビジネス日々どのように更新すればいいか分からないという方は、月2500円でGoogleマイビジネスレポートというサービスがございます。

マイビジネスへのアクセスレポートとともに、どういった施策を行っていくとよいかを毎月送付されるので、運用の仕方に迷うことがなくなると思います。

Googleマイビジネスレポート

Googleマイビジネスレポートはこちら

この記事が役に立ったら共有してね。