Googleマイビジネス

Googleマイビジネスが【閉店・閉業】扱いになっているのを直す方法

2020/06/5 更新

こんにちは。

本日はGoogleマイビジネスが閉店・閉業扱いになってしまったものを直す方法をお伝えします。
あまり普段からGoogleマイビジネスを見ていなくて、不意にチェックしたら、「あれ?赤字で閉業って出てる!なんで?!」となっている方向けの記事になります。

最初は驚かれると思いますが、こちらはマイビジネス内で編集が可能ですのでご安心ください。

2020年4~6月はコロナウィルスの感染拡大の影響で、臨時休業をしている店舗様も多いかと思います。その場合、GoogleがSNS・ウェブサイト等の情報を引用して自動で閉業を設定される場合があります。

「閉業・臨時休業」が掲載される理由

Googleマイビジネスが「閉業」になっている原因としては、

  1. 第三者がGoogleに閉業していることを伝えた
  2. GoogleのAIがネット上の情報を反映させた

です。
しかし、上記の事案は基本的にGoogleマイビジネスのオーナー登録が完了している場合は起こらないものになるので、まずはGoogleマイビジネスのオーナー登録が済んでいるかを確認ください。

マイビジネスのオーナー登録確認

Googleマイビジネスのオーナー登録が済んでいるかどうかが分からない方は、まずお店や会社のGoogleメールアカウントがあるかを確認ください。

アカウントがあることが確認できたら、そのアカウントを使ってGoogleマイビジネスの画面右上の「ログイン」をクリックします。
Googleマイビジネスの管理ページに入れれば登録できている形になります。

ログインをクリックしても、新規にマイビジネスをつくるページに移行したりする場合は登録ができてない可能性が高いです。

これ以降は、登録できてない方は3.の項目を、登録できていた方は4.の項目をご覧ください。

オーナー登録できていない場合

オーナー登録ができていない場合は、対応策は2つです。
まずは、閉業になっているGoogleマイビジネスの中にある「情報の修正を提案」をクリックします。

Googleマイビジネス 閉業

クリックした後、「閉業している、または存在しない場所」を「いいえ」に切替て送信します。
あとは数日経って、変更依頼がGoogleに届けば閉業が解除されるようになっています。

ただその内容の精査はGoogleのAIが行っているので、依頼が棄却される可能性はあります。

依頼が棄却された場合

それは新規でGoogleマイビジネスを作成し、閉業したGoogleマイビジネスをその後に統合させるという方法です。

Googleマイビジネスの統合とは、同じ内容のGoogleマイビジネスが重複している場合、Googleに申請すると1つにまとめてもらえるというものです。
少し回り道になるのですが、この方法なら閉業扱いのGoogleマイビジネスをなくし、正しいGoogleマイビジネスを表示させることができると思います。

Googleマイビジネスの登録は以下参照。
お店の情報を直したい。5分で終わるGoogleマイビジネスページ登録

Googleマイビジネス統合については以下参照。
Googleマイビジネス、ローカルページの重複時の対処法

オーナー登録できている場合

オーナー登録ができている場合は、とても簡単です。
管理画面のメニューから「情報」をクリックします。

Googleマイビジネス 情報

情報の編集画面の中に開業と閉業を切り替える項目があるので、そこをクリックしてもらえば簡単に開業状態に切り替わるようになっています。

もし後日また開業が閉業になっているなどがあった場合は、一度Googleに問い合わせてみた方がいいかもしれません。
いたずらや競合の嫌がらせの可能性もあるので、きちんとGoogleに事情を伝えるようにした方がいいケースがまれにあります。

その際は、Googleマイビジネス管理画面メニューから「サポート」をクリックします。

そして、「ご不明な点がある場合」を選択。
その次に「ビジネス情報と編集」をクリックし、「ビジネス情報を編集する」を選択します。そうすると、「折り返し電話をリクエスト」と「メールサポート」の選択肢が出てくるので、どちらかを選びGoogleに状況を伝えてください。
その後にGoogleから直接なんらかの返答・リアクションがあるので、解決に向けて話し合ってください。

2020年6月現在では、Googleがコロナウィルスの影響による営業規模縮小のため、サポートからの連絡方法が「メール」のみに制限されています。

Googleマイビジネス 閉業 メールサポート

以上がGoogleマイビジネスの閉業扱いに対しての対応策でした。

この記事が役に立ったら共有してね。