集客に効果的なGoogleマイビジネス投稿テクニック事例紹介

こんにちは。

本日は集客に効果的なGoogleマイビジネス投稿テクニックの事例を紹介します。

Googleマイビジネスを活用しているけど、なかなか効果が見えにくいと感じてる方や、もっと有効活用したいと思われている方向けの記事になります。

2分くらいで読める内容です。

 

目次

1.事例紹介

2.ポイントまとめ

 

1.事例紹介

Googleマイビジネスの投稿機能には、最新情報、イベント、クーポン、商品案内ができるようにフォーマットが揃っています。

また投稿には詳細やクーポンを見るなどリンク設定ができるようになっており、WEBサイト、商品ページ等への導線を設けることができるようになっています。

全体的にそれぞれのフォーマットを用いて、各々のお店が投稿されるのがだいぶ増えてきたなと思ってるんですが、やっぱりユーザーに見てもらって導線を辿って目的のアクションを起こしてもらえる方がいいですよね。

以下に2つの事例を並べてみました。

AとBのどちらの投稿の方がよくクリックされると思いますか?

投稿比較

 

おそらくAと答える方が多いのではないでしょうか。

それがなぜなのか次にポイントをまとめてみます。

 

2.ポイントまとめ

まずGoogleマイビジネスの投稿の基本としては、テキストのみでなく必ず画像を貼り付けることがユーザーに閲覧してもらうためには必須だと言われています。

Googleマイビジネスの仕様上、特に言えることですがテキストのみの投稿は全く目立たず、ユーザーに気付いてもらえない可能性があります。

なので、投稿には画像は必須ということになってきます。

そういった点でいうとAもBも綺麗な画像が貼られているので、大きな差は出ないように思えます。

では、何が比較したときに差が出ているかというと、それは「タイトル」です。

Googleマイビジネスの投稿に限ったことではないのですが、ユーザーが自分にとって意味がある、お得だと感じるかどうかはタイトルにかかってきます。

ユーザーがGoogleマイビジネスを見るときの時間は基本的に一瞬です。

その時にユーザーの目を引くポイントがないと、離脱されてしまう確率が高くなります。

Bの投稿タイトルは全てイベントの名前が出ています。

これだとユーザーはイベントがあることは分かるのですが、イベントの内容までは具体的にイメージできず、自分ごとにならない可能性が高いです。

反面、Aの投稿はタイトルからはユーザーが何をすればどういう特典があるなど、具体的にイメージができ、ニーズに合ったユーザーはチェックしてくれる確率も高くなります。

投稿比較 タイトル大事

 

ちょっとしたことではあるのですが、具体的なイメージができるタイトルの投稿はユーザーからのクリック率は上がると思います。

そうすることでWEBサイトへ誘致できたり、来店してもらうきっかけを作れるなど集客効果につながる活用ができるようになってくるので、ぜひ一度タイトルに注力してみてください。

この記事が役に立ったら共有してね。