ストリートビュー 企業紹介

企業様でもGoogleストリートビューの撮影

どんどん増えています!

Googleストリートビューのメリット

企業SVメリット

 

 

具体的な運用イメージ

今まで企業様としてGoogleストリートビューの導入を検討されたことがないと、なかなかGoogleストリートビューを運用するイメージがつかないと思います。

対企業様向けにも使えますが、今回はリクルートでの活用をご紹介するなかで運用イメージを持っていただければと思います。

求職者は主にこのような流れをふんで、企業様への応募に至ると思います。

リクルートの流れ

まず最初に求職サイトにアクセスして、希望の仕事を探し、そこから気になった企業を見つけ、求職内容やWEBサイト、SNSなどで企業のより詳しい情報を集めていくと思います。

そうすることで仕事へのイメージができてきて、企業への興味も湧き、応募してみようかなと考えると思います。

でも実際、「自宅から通えるのかな?」「仮にこの会社に勤めるとしたら、引っ越す必要あるのかな?」「電車で何分くらいかかるんだろう?」など通勤できるかどうかで応募にいたるかどうか分かれてくることはあると思います。

そういったときに使われているのが地図アプリの「Googleマップ」です。

Googleマップは簡単に会社までの道順を示してくれるので、活用されている方は多いと思います。

特にスマートフォンが普及してからの地図アプリの使用率は大きく上がっており、そのなかでGoogleマップはシェア50%と多くのユーザーに使われています。

地図アプリシェア

そしてGoogleマップで企業の所在地を確認する際に必ず表示されるのが、「Googleマイビジネスページ」です。

Googleマイビジネスページは企業の所在地だけでなく、写真を載せたり、最新情報を掲載できたり、企業の様々な情報を発信できるツールになっています。

Googleマイビジネス機能一覧

このGoogleマイビジネスページは集客ツールとして注目され活用されるお店が増えているのですが、最近では企業でも積極的に活用されるようになっています。

理由としては、Googleマイビジネスの閲覧機会が増えたなかで、ここをおろそかにしてしまうとイメージダウンにつながってしまうからです。

Googleマイビジネスには写真を投稿したり、最新情報も記載でき、ユーザーからの口コミも集まる場所になっています。

もし、それらの内容が十分に揃っていなければ、見た人はどう思うでしょうか?

特に口コミは注意が必要です。

知らない間に取引相手、お客さんの具体的な書き込みがあり、なおかつ会社として回答していないとなるとイメージダウンは免れないことになってしまいます。

悪い口コミ

しかし逆にこのGoogleマイビジネスページが綺麗に整備されており、印象が良くなればイメージアップにつながる可能性もあるということです。

また人は真実が見えないことには不安を感じるものです。

その不安を取り除くためにもGoogleマイビジネスを活用できると、求職者含め見られた方に好印象をもっていただける場になるものになっています。

Googleストリートビューはそのなかでもオフィスを見せるということで、不安を安心に変えるツールになると思います。

撮影方法も会社の個性を表現できるような形をとることもできるので、ただオフィスを見せるだけでは終わらない付加価値の高いものにすることもできます。

またGoogleストリートビューはWEBサイトをはじめ、活用できる機会も多いのもメリットの1つになります。

 

Googleストリートビューのメリット

企業SVメリット矢印

導入いただいた企業様の声も続々!

実際にGoogleストリートビューを導入いただいた企業様の声を掲載しております。

ぜひ、御社がご検討いただく際のご参考にしていただければと思います。

企業様の声はこちら