撮影Pイメージ

Googleストリートビューの撮影は1箇所を1P(ポイント)と呼び、建物の入り口前から一筆書きができるように、撮影箇所を設定し、撮影していきます。

こうすることで実際にGoogleストリートビューを見ていただく際にお店に来たような感覚で楽しんでいただけるものが仕上がります。

見取り図SV

撮影費用

撮影費用は初期費用(表は税抜価格)のみになります。

撮影後に継続的に費用が必要だったり、追加で費用が発生することはなく、撮り直しをしない限り、半永久的にご使用いただけます。

料金表

なぜこの費用なのか?

お客さまからはこの費用が「高い」とも「安い」とも両方のご意見をいただきます。

ですので、弊社では費用の中身をきちんとご説明してお客さまには判断いただきたいと思っております。

弊社ではGoogleストリートビューをご案内・撮影・制作するにあたり、様々なスタッフが関わっております。

また撮影・制作においてのクオリティにも力を入れており、RICOH THETA(シータ)のような360度カメラではなく、高画質で撮影できる一眼レフカメラを採用しています。

そのため、制作には時間と技術を要するものの、THETA(シータ)よりも鮮明で綺麗なGoogleストリートビューを作成することができます。

また最近ではGoogleストリートビューの底面修正(ストリートビューを見た際の床にできた丸い円を綺麗に修正)も施し、どこを見ても満足いただける仕上がりを目指しております。

制作後もお客さまにGoogleストリートビューを有効活用いただくためにサポートも行っております。

そういったなかから、できる限りお客さまにお求めやすい価格帯を目指しております。

満足いくクオリティで、制作後のサポートまでご希望であれば、弊社がお役立てできると考えております。

 

アポインター
提案スタッフ
カメラマン
制作スタッフ
お問い合わせはこちら
簡単なご質問でも構いません。お気軽にお問い合わせください。